ミネラルウォーターの手引き

ミネラルウォーターの効果

人間の身体の60%は水でできているので、水は生命活動には欠かすことのできない重要なものです。また、人間は何も動かなくても1日で約2リットル水分が排出されています。水分補給は水だけではなく、食物からも水分は補給できます。あとは、運動など、動き方によっても違いはありますが、約1.5リットルの水の摂取が必要とされています。しかし、1.5リットル以上ならいくら飲んでもいいというわけでもなく、飲みすぎると身体の浮腫みや倦怠感などの症状を起こす場合があるので、自分の動きにあった水分を毎日摂取することが大事です。ここではいくつかのミネラルウォーターの効果を紹介いたします。

健康効果

ミネラルウォーターは、カルシウムヤマグネシウム、カリウムなどの含有量によって多くの種類があります。その中から自分にあったものを選ぶことによって、ミネラルの不足からくる病気の予防になります。また、水には鎮静作用があるとされていて、ストレスを感じたときにゆっくり水を飲むと気分が落ち着いてきます。夜なかなか眠れないなどの不眠にもカルシウムを多く含んだ常温のミネラルウォーターを少しずつ飲むと安眠効果があるとされています。健康によいとされる水は、飲むばかりではなく、料理にも利用することにより、より効果が高まります。

健康に良いとされる一例(2010年現在)

●一杯水(いっぱいすい)・・・古来より漢方薬として肝臓や胃腸によいとされお酒を飲む人たちには飲まれてきました。このお水は独自の製法で製造した「透明なウコン水」ともよばれています。独特の風味のあるウコンは毎日飲む習慣をつけるのは難しく、次第に飲まなくなるひとも多いのですが、一杯水なら手軽に美味しく飲むことができます。

●合馬の天然水「極麗」・・・日本最大のたけのこの里・北九州小倉南区の合馬という地区で採水。大自然によって育まれた軟水でミネラル成分をバランスよく含んだ弱アルカリ性の天然水です。「極麗」はたけのこが採れる上質の赤土から採水された1日にわずか300ケース(2L)しか生産できないプレミアム天然水です。常温のまま飲んでも美味しいとされています。極麗には3種類あり、赤ラベルの「EXCELIENT 極麗」、黒ラベルの「TAKESUMI 竹澄」、緑ラベルの「PREMIUM 潤麗」があります。

●Oxy・・・水の分子が最小化するのは摂氏4度で、そのときに水は酸素を最も蓄える状態になり、これを利用して独自の製法で水の構造自体を変化させて作られた水です。

ダイエット効果

ダイエットは美容にも繋がりがありますが、近年、外見は痩せていても内臓に脂肪がつき、内臓脂肪型肥満(メタボリックシンドローム)の人が増えてきており、ダイエットを心がける人が増えてきています。ダイエットは、運動にはもちろん、運動したあとに適度な水分補給も必要とされています。

ダイエット効果のある一例(2010年現在)

●アイスフィールド・・・日本人好みの軟水でナトリウムが0.86mgと少ないです。

●XYZ・・・日本で初めて分子構造が小さいことを立証して特許を取得した水。体内に吸収されやすく、代謝機能を高めるため、飲み続けることにより、デドックス効果も高く、ダイエットにも最適とされています。

●ノミズア・・・独自の製法で水分子の集まりを小さくした、浸透力の高いからだにやさしい酸素水。体内に浸透することで胃に重さを感じないのが特徴です。サプリメントの摂取時に飲むにも最適とされています。代謝効率の上昇や発汗を促し、デドックス効果があるので、ダイエットにも良いとされています。

美容効果

近年、デドックスという言葉が流行っていますが、適度な運動や睡眠と平行して水分を補給することも重要視されています。また、飲むのはもちろんのこと、フェイススプレーや直接肌につける水としても活躍しています。

美容効果のある一例(2010年現在)

●Oxy・・・直接肌に塗ることで肌細胞に働きかけて美肌つくりをサポートします。

●アラスカグレーシャーキャップ・・・脂肪は溶かし、脂肪部分に蓄積された毒素も洗い流すデトックス効果があるといわれています。

●バナマックス・・・「美のミネラル」とも言われるケイ素が22ml/Lも含まれており、コラーゲンの維持に役立つため美肌効果がああ李、髪の毛や爪を強くするなど血管を修復する効果もあると言われています。

浄水器との違い

家庭用浄水器は活性炭のもつ孔質な表面で、化学反応や吸着力を働かせ、残留塩素、カビ、有機物を取り除き、ろ過し、細菌などを取り除くものです。身体に有害となるものを取り除くための機械であり、ミネラルなどは含まれていません。

ミネラルウォーターの種類のカテゴリーへ
購入時のチェックポイントのカテゴリーへ
家庭で天然水のカテゴリーへ
ミネラルウォーターの効果のカテゴリーへ



Copyright(c) 2010 ミネラルウォーターの手引き All Rights Reserved.