ミネラルウォーターの手引き

価格で選ぶ

ミネラルウォーターと一言で言っても、購入する時にみなさんは何を始めにチェックしますか?まずは値段ではないでしょうか。今はスーパー独自のブランド水もあり、価格は100円を下回っています。また、コンビニよりもスーパーのほうが安売りしていることもありますし、飲み続けるならネットで購入したほうが安い場合もあります。

激安

新聞に折り込まれてくるチラシを見ると、大きな文字で「激安」と書かれているのが目に付きます。また、コンビニでも期間限定で特定の商品を安売りしていることがあります。

ネットでのミネラルウォーター激安商品一例(2010年現在)

●熊野古道の水(硬度10)四万十川の源流近くの井戸から汲み上げたミネラルウォーター  2L 12本入り1260円(2L1本あたり100円)一部地域を除いて送料無料

●潤命(ゲルマニウム22)鹿児島県天然音泉水  20Lパック(コック付き)1800円(1Lあたり90円)送料無料

●コントレックス(硬度1551)フランスで採水されるミネラルウォーター  1.5ml 12本入り 1572円(1本あたり81円)送料込み

スーパー独自のミネラルウォーター

スーパーで独自発売しているミネラルウォーターがあります。価格が安いだけでなく、ミネラルも豊富に含まれており、手軽に飲めます。

スーパーで販売されている商品の価格一例(2010年現在)

●トップバリュ ナチュラルミネラルウォーター(硬度74.1)立山連峰の山麓で採水  500ml 24本入り1850円(1本あたり77円)5000円以上で送料無料(5000円未満525円)

●セブンプレミアム アルカリ天然水(硬度40)花崗岩から噴出した天然水  2L 1本249円、500ml 1本136円 セブンネットショッピングではポイントもつきます。

●ファミリーマート 霧島の天然水(硬度160)霧島山の南山麓から採水  1L 12本入り2016円(1本あたり168円) 500ml 24本入り 2400円(1本あたり100円) ファミリーマートではポイントもつきます。

特売

激安とまでは行かないまでも、特売で安く売っている水もあります。お店の「○周年記念」やミネラルウォーターが発売されてから「○○本突破」、中には普段は高くて買えないミネラルウォーターでも賞味期限が近いからという特売もあるので、日々飲む水なら買ってしまう・・・など、理由は様々ですが、安さには勝てませんね。

特売商品一例(2010年現在)

●海の深層水(硬度1000)高知県室戸沖で採水  2L 6本入り 3307円(1本あたり525円)住んでいる地域によって異なります。

●天然水【奥大山】(硬度20)鳥取県奥大山で採水  2L 6本入り 598円(1本あたり95円)送料は住む地域によって異なります。

●温泉水99(アルカリ9~9.9)鹿児島県で採水  2L 6本入り1423円(1本あたり226円)送料は住む地域によってことなります。

ポイントがつく

今、何を買うにもポイントがついてきます。数多くのお店のポイントカードを持っているという方もいるのではないでしょうか。高いものほどポイントも大きいですが、一回あたりのポイントは少なくても、日々の購入やまとめ買いすることによってポイントが貯めやすいです。上記にあげたトップバリュ(イオン系列)、セブンプレミアム、ファミリーマートのミネラルウォーターにはそれぞれのお店のポイントカードにポイントがつきます。

ポイントがつくサイトの一例

●楽天市場・・・どのミネラルウォーターを買うかによってポイントは様々ですが、上記に挙げた「温泉水99」は携帯で買う方限定で最大10倍のポイントがつきます。(申し込み期間があります。)

●アマゾン・・・まとめ買いすると多くのポイントがもらえます。

●セブンアンドワイ・・・購入すると近くのセブンイレブンに配送され(店舗の指定もできます)、受け取りにいくとナナコカードにポイントがつきます。

●ヤフーショッピング・・・支払時にどこで受け取るかによってコンビニのポイントカードにポイントがついたり、ヤフーにポイントがたまり、商品と交換できたりします。 以上のように価格で選ぶと、色々な種類がでてきます。ここであげた商品は定期購入できる商品で、一度きりでも安いし、定期購入だとさらに割引があったりします。ただ、激安や特価は申し込み期間があったりしますので、確認の上購入しましょう。

ミネラルウォーターの種類のカテゴリーへ
購入時のチェックポイントのカテゴリーへ
家庭で天然水のカテゴリーへ
ミネラルウォーターの効果のカテゴリーへ



Copyright(c) 2010 ミネラルウォーターの手引き All Rights Reserved.