ミネラルウォーターの手引き

商品名で選ぶ

現在、コンビニやスーパーでたくさんのミネラルウォーターが発売されています。外国産のものや、日本各地の湧き水を製品化したものなど、種類は尽きません。ここにあげる水はごく一部ですが、みなさんにもお気に入りのミネラルウォーターがひとつはあるのではないでしょうか。容量も500mlをはじめ、飲みきりやすい310mlなど、その場に合わせたサイズが選べます。一言に水と言っても水にはアルカリイオンや、軟水、鉱水などいくつか種類があります。みなさんもお気に入りのミネラルウォーターにどんな成分が入っているのか、ラベルでチェックしてみてはいかがですか?

アルカリイオンの水

キリンで発売されている商品です。電解水の一つで、スポーツをする時などには身体に吸収されやすく、汗をかいたあとの水分補給には最適です。柔らかいペットボトル素材なので、飲み終わったあと、簡単に潰し、コンパクトにもできるので、リサイクルもしやすく、ゴミ有料化の地域が増えている中で、たくさん指定袋に入れることができ、家計にもやさしいミネラルウォーターです。

ハイドロキシターゼ

フランスの水で超硬水とも言われている硬水で、マグネシウムが多く含まれており、運動後や入浴後、食事中に飲むと効果があるとされています。また、精神安定などのケア用の水としても使われています。普段なかなか摂取しにくいミネラルが豊富に含まれています。また、ダイエットにも効果があります。詳しくは【ミネラルウォーターの効果】ページを参照ください。

ヴィッテル

ヴィッテルは硬度水でフランスにある街の名前で、カルシウムやマグネシウムを豊富に含んでいるため、マラソン時の水分補給にも使用されています。水源を守るため、周囲の牧草地や畑では除草剤や農薬を使わないといった工夫もされています。日本ではサントリーが扱っており、赤が印象的なペットボトルです。

ボルビック

フランスにある街の名前で、軟水であり、日本で初めて国際認証を取得した水です。最近ではレモン味なども発売され、期間限定でフルーツの味がついたものも発売されています。 また、2010年現在CMで宣伝もされていますが、1リットルの水を買うと10リットルの水となってアフリカに寄付されており、社会貢献もしています。

いろはす

コカコーラが2009年に発売した鉱水の商品で、エコペットボトルともよばれています。飲み終わった後、絞ることによりコンパクトにできるため、リサイクルもしやすくなります。分別しやすくするためにラベルにミシン目が入っておりはがしやすくなっています。家計にもやさしいという今人気の水です。口当たりもよく、ぬるくなってもおいしい水です。

コントレックス

フランスにあるコントレキセヴィルという街から生まれた、硬度が1551と高い硬水です。人間は特に運動をしなくても、常に身体から水分が抜けていきます。それを補うために朝、運動後、入浴後など多くの人に飲まれています。特に就寝時は寒い冬でも身体から水分ぬけるので、朝に水分補給は大事だと言われています。また、ダイエットにもよいと言われています。詳しくは【ミネラルウォーターの効果】ページを参照ください。

ペリエ

フランス産で、日本ではサントリーが扱っており、鉱水で、炭酸が入っていて、お酒と割るにも適しており、ライムやレモン風味もあります。ミネラルウォーターには珍しい瓶製で、高級感を感じさせてくれます。通販での購入が主です。

クリスタルカイザー

アメリカのマウントシャウタの麓の湧き水を使用しています。大塚製薬が扱っています。硬水でナトリウム、バナジウムを多く含みます。310ml~1ガロン(3.78L)まで4種類あり、手軽に飲みきれるサイズから家庭用まで飲むことができます。クリスタルガイザーはプレミアムサーバーにも使用されており、この水を利用して、お茶やコーヒーを飲むことができます。詳しくは【ウォーターサーバー】ページを参照ください。

ミネラルウォーターの種類のカテゴリーへ
購入時のチェックポイントのカテゴリーへ
家庭で天然水のカテゴリーへ
ミネラルウォーターの効果のカテゴリーへ



Copyright(c) 2010 ミネラルウォーターの手引き All Rights Reserved.